『新潟県・羽越水害復興50年記念事業記念シンポジウム』ダムカレー46基を展示します

8月27日(日)、新潟県新発田市で開催される『新潟県・羽越水害復興50年記念事業記念シンポジウム』にて、日本各地のダムカレー46基を展示いたします。

 

このイベントはダムカレー展示の他、地元の有志による「米倉太鼓」の演奏や、田村圭子教授(新潟大学危機管理本部危機管理室)による「大規模広域水害にそなえる」という講演。

パネルディスカッションとして「水害からの教訓に学び、水害への対策と課題を考え、水害の教訓を次世代につなぐ。」という題材で、日本ダムカレー協会主宰の宮島咲も登壇いたします。

そして最後は、阿賀町立三川中学校のみなさんによる合唱組曲「阿賀野川」の熱唱。

 

要予約、先着300名様までとなりますので、ご興味があるかたはお早めにお申込み下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です