藤井川ダムカレー



城里町健康増施設ホロルの湯

ダムカレー名藤井川ダムカレー
郵便番号311-4314
住所茨城県東茨城郡城里町下古内1829-3
ウェブサイトオフィシャルサイト
電話番号029-288-7775
販売開始日2017年11月27日
販売期間
備考
ステイタス2019年4月18日確認済み

地元の学生達が開発したダムカレー

”日本一魅力のない県の、最も知名度の低い町”である「茨城県城里町」を盛り上げるため、茨城県立水戸桜ノ牧高等学校常北校の生徒、常磐大学の学生、城里町地域おこし協力隊による連携プロジェクトで誕生したダムカレーです。
自然豊かな土地を活かした「農産物」と、日本ではとても珍しい堤体を離れた場所に二つ持つ「藤井川ダム」。
この二つの特色を合わせて考え抜き辿り着いたのが藤井川ダムカレーです。
監修に日本ダムカレー協会主宰「宮島 咲」氏を招き、カレー皿のデザインからカレーのレイアウトまで学生達がアイディアを出しました。
プロジェクトの資金はクラウドファンディングで賛同者を募り見事に目標額を達成することができました。

具材の意味

カレールー = 貯水池
味付け玉子 = ホロルの湯
パプリカ = 副堤体のゲート室
ウインナー = バルブ
ポテト = ふれあいの里
ニンジン = ふれあいの里のテント
カボチャ = 紅葉
舞茸・椎茸 = 主堤体の苔むし具合
ブロッコリー・ピーマン = 城里町の森林

具材へのこだわり

堤体であるお米は、『コケッコー米』と呼ばれる城里町産のコシヒカリを使用。
堆肥に発酵鶏ふんを使用したこだわりのある栽培米で、城里町ブランド推奨品に認定されています。
貯水池に浮かぶ豚肉は『しろさとキングポーク』を使用。
いばらきうまいもんどころ認定の豚肉で、キメが細かくツヤがあり弾力のある肉質が特徴です。
20年間で10世代にわたり品種改良選抜した希少な豚肉です。
主堤体の苔むし具合を表現した椎茸や舞茸は、城里町七会きのこセンターで栽培されたものを使用。
完全無農薬で室内栽培されたこだわりのキノコです。


藤井川ダムカレーの放流

モデルになったダム

ダムマニア・藤井川ダム


One thought on “藤井川ダムカレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です