新桂沢ダムカレー


ミカサノ食堂 本店(閉店)

ダムカレー名新桂沢ダムカレー
郵便番号068-2165
住所北海道三笠市岡山78-22
ウェブサイト
電話番号
販売開始日2017年1月24日
販売期間閉店
備考閉店
ステイタス2019年3月26日確認済み

約1億年前、桂沢ダム周辺はアンモナイトが泳ぐ海の底でした。

そしてナント!! 桂沢ダム堤体のコンクリートは、その太古の時代に積もった岩石が練り込まれ造られているのです。

こんな太古のロマンを感じる桂沢ダムですが、2017年に完成から60周年を迎え、現在ダム機能強化のため約12m嵩上げするための工事が進められています。

このダムカレーは約1億年前の太古の時代から現在の様子をイメージして造っています。 ◇新桂沢ダムカレー◇ 堤体は、重力式コンクリートダム。

ターメリックライスで現在のダムを、白米で嵩上げされる部分を表現し2層としています。

カレールーはシーフードで、ホタテなどでアンモナイトを表現し、添えた野菜は北海道の自然豊富な森をイメージしています。

取水塔もしっかり立っています! また、カレールーはお好みで「シーフードなし」「なんこ入り」を選べます。

「なんこ」とは馬の腸を煮込んだもの。北海道近代炭鉱の発祥の地である三笠市に伝わる伝統料理です。

ぜひ、新桂沢ダムカレーを目で見て食べて1億年時間旅行をお楽しみください。
(コメント:店主)


モデルになったダム

ダムマニア・桂沢ダム

One thought on “新桂沢ダムカレー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です